地方創生事例、地域活性、仕事創出「ランサーズ エリアパートナープログラム」

お知らせ・セミナー告知 エリアパートナープログラムについて、お知らせとセミナー情報などの告知ページです。

img_13

出典元:http://nagasaki-iju.jp/support/camper

移住先を探すとひとことにいっても、交通費や宿泊費など、いろいろと出費がかさむものです。そこで長崎市では、県内への移住に関心のある人へ向けて、キャンピングカーのレンタルを行っています。この取り組みは、移住の候補地をめぐる交通手段と、宿をブッキングせずにその場で泊まれる便利さがあるのが魅力です。長崎県はこの制度によって移住希望者が増えることを市は期待しています。

移住先の土地勘を養いつつ格安で周遊が可能

img_14

出典元:http://sorack.com/?p=1918

キャンピングカーの運転をしながら、県内を回ることで、土地勘の養成にもなります。各市町村が、このキャンペーンと協力して、移住先探し体験メニューというものを用意しており、これを体験すると、キャンピングカーのレンタル料金を最大5千円引きまで割引きされます。これは、すでに移住先がほぼ決まっていて、旅行がてらにこのキャンペーンに利用する人よりもさらに、長崎の魅力を今まで知らなかった人を移住へと向かわせる機能を重視したいと考えています。

リーズナブルな空き家バンクとの併用

img_15

出典元:http://colocal.jp/topics/lifestyle/local/20160301_66263.html

このキャンピングカーでのラクラク移住先探しと並行して、長崎県では空き家バンクというものを行っています。これは、各市町村で使われなくなっている空き家の持ち主が空き家バンクに登録し、登録情報を移住者が確認した結果、その空き家への入居を希望すれば、賃貸契約を結ぶというもの。空き家の所有者は不動産の有効活用ができて、居住者は格安で住まいを借り入れできるシステムです。どの空き家に住むのか決めるのにも、キャンピングカーが役立ちます。気に入った空き家なら、移住もより楽しくなるでしょう。

現地での就職先の候補地も回ろう

img_16

出典元:http://sorack.com/?p=1918

長崎移住サポートセンターは、移住者への無料の職業紹介業務を行っています。移住者の中には現地で就職をせず、パソコンがあればできる知的労働や芸術関係の仕事をする人もいるのですが、基本的に移住には現地での就業が不可欠といえます。特に人口を増やすという目的に照らすと、移住前にはまだ職業を持っていない若年層を呼び込み、地元の産業を継承してもらいながら移住してもらいたいという意図があります。よって、このサポートセンターで紹介された企業をキャンピングカーで回って、候補の企業を下見するというのも有効です。

キャンピングカーのみならず、有効な行き先もパッケージ

長崎県の魅力を移住前に深く知ってもらうために、キャンピングカーでの周遊はまたとない機会になるはずです。また、現地の方や移住の先輩が協力する体験イベントなどの企画も充実しています。

http://nagasaki-iju.jp/
http://nagasaki-iju.jp/support/camper
長崎移住ナビ

この記事に関連するワード

この記事に関連する記事