地方創生事例、地域活性、仕事創出「ランサーズ エリアパートナープログラム」

お知らせ・セミナー告知 エリアパートナープログラムについて、お知らせとセミナー情報などの告知ページです。

img_09

出典元:http://www.kogakanko.jp/top.php?cID=9

最も規模の小さい移住というものを考えると、それは住所を変えずに新居を建設して新たに生活を始めることかもしれません。移住と新居の建設を同時に行い、心機一転して新生活を始める人を支援するシステムが、古河市には充実しています。それは単に住宅の補助にとどまらず、移住後の長いスパンでのフォローにもつながります。

住宅取得にかかる費用を、最大100万円補助

img_10

出典元:http://www.kogakanko.jp/top.php?cID=21

古河市の行っている、移住者転入者の増加を狙った取り組みを代表するものが、この住宅取得に関する各種奨励金です。住宅取得奨励金として40万円、市内業者施工奨励金として、住宅にかかる各種インフラの施工を市内の業者を優先的に使用した場合、10万円が支給されます。そして、保留地得奨励金として、土地の取得に対しても40万円の補償が受けられます。平成28年4月1日以降は、この3つの奨励金の合計額の上限を、100万円に値上げしています。

若者の就農と商店街への出店を促す

宇津木さんのキャベツ

出典元:http://www.ib.zennoh.or.jp/amore/people/002430.html

古河市は青年就農給付金と新規就農支援研修費助成金という2つの給付により、新しく農業を始めようとする意欲ある若者に対して年間合計180万円を給付しています。これにより、2011年度には新規就農者のうち新規参入者の割合が10年前の9.6%から28%まで上昇しました。さらに、商店街の空き店舗を有効活用しつつ、転入者の事業を応援する目的で、商店街空き店舗等対策事業として、商店の改造費と家賃を補助しています。

出産ごとに給付、3人目以降は大幅増額

img_12

出典元:http://www.akiba-hp.jp/hospitalization/care/

古河市での出世を促進し、世代の厚みを持ったコミュニティーとするために、出産お祝い金として出産した方へ2万円を支給。さらに、3人目以降の出産の場合、大幅に増額して30万円を支給しています。わが国全体で少子高齢化が叫ばれる中、合計特殊出生率を改善させるためには、できれば夫婦一組当たりの出産を3名以上にしたいという意図が見えます。住宅を取得した世帯は次に出産を計画することが多いため、理に適った施策です。

住環境整備に加えて仕事と子育ても支援

古河市の移住支援は、住宅取得と地域に密着した就業、そして子育てを目指す若者を、手厚くフォローする内容です。高齢者や障碍者への福祉の一方で、これからのわが国を背負う若者への支援が叫ばれる中、先進的といえます。

茨城県古河市
http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/

この記事に関連するワード

この記事に関連する記事