地方創生事例、地域活性、仕事創出「ランサーズ エリアパートナープログラム」

お知らせ・セミナー告知 エリアパートナープログラムについて、お知らせとセミナー情報などの告知ページです。

800px-Yokosuka-chuo_2010_02-24_part1

出典元 : https://ja.wikipedia.org/wiki/本庁_(横須賀市)

神奈川県横須賀市は、大都市への人口流出の問題の解決策として、クラウドソーシングによる仕事の創出に力を入れています。ランサーズ株式会社と連携して、大規模なセミナーや実践的なスキルアップ講座、地域のディレクター育成講座を開催することで、クラウドソーシングで活躍できる人材を育成中です。横須賀市の取り組みをご紹介します。

横須賀市が抱える就労・人口問題

mv

出典元 : http://www.lancers.jp/lap/yokosuka

神奈川県横須賀市は、東京、横浜まですぐにアクセスできる人口40万人を超える都市です。山、海などの美しい自然に囲まれて、独特の文化を育んできました。しかし、大都市までのアクセス面でより便利な周辺地域への流出が相次ぎ、若年者の就業率の低下、人口減少などの問題に直面しています。平成25年には、年間の転出超過数が1772人と、全国で最悪の人口流出を記録しました。そこで横須賀市は、定住・移住・人口減少対策として、在宅でも仕事ができるクラウドソーシングの普及活動を開始。ランサーズ株式会社との連携によって、都心部に出なくとも市内でフリーランスとして活躍できる人材が増加しています。

大規模セミナーでクラウドソーシングを普及

post_19

出典元 : http://bizex.goo.ne.jp/release/detail/850451/

横須賀市はクラウドソーシングの利用が初めての住民に向けて、大規模なセミナーを開催しています。横須賀市在住のフリーランスもゲスト参加し、クラウドソーシングによってどのような仕事ができるのか学習するセミナーです。市民によるパネルディスカッションなど、クラウドソーシングのあり方についての議論も深まりました。2015年12月のセミナーでは、定員80名に対して参加者が89名と、大盛況。参加者の8割以上が、クラウドソーシングで仕事をしてみたいとアンケートに回答をし、大盛況となりました。

実践的なスキルアップ講座を開催

post_20

横須賀市ではたくさんの市民が、実際にクラウドソーシングでの仕事を開始しています。2016年からは、現役で活躍するフリーランスのライターを講師に迎えて、初心者向けのスキルアップ講座を開催。受講者がチームになり、ディレクターが仕事を回していく実践的なプログラムです。プログラム終了後は、およそ9割がフリーランスとして活躍し、平均で約5万円までに収入をアップさせることができました。

まとめ

神奈川県横須賀市のクラウドソーシングを活用した仕事創出についてご紹介しました。クラウドソーシングを通じて市内でも仕事ができる環境を整備することで、人口流出問題の解決にもつながると期待されているのです。市内で開催されるセミナーや実践的なプログラム、地域のディレクター育成を通じて、フリーランスとして活躍する人材が育っています。

横須賀市エリアパートナー https://l-ap.jp/lp/yokosuka/

 

この記事に関連するワード

この記事に関連する記事