地方創生事例、地域活性、仕事創出「ランサーズ エリアパートナープログラム」

お知らせ・セミナー告知 エリアパートナープログラムについて、お知らせとセミナー情報などの告知ページです。

img_35

出典元 : https://www.oenmonaka.org/report/show/9779

「県産の農産品をどのように全国にアピールしていくか?」それは震災後の福島県での復興において、食品の風評被害として立ちはだかる課題でした。そこで行われたのが「手作り」による商品の開発。地元の農家や、いまだ避難所での生活を余儀なくされている方が主体となった結果、新たな手作りスイーツが誕生し、さらには手作り商品のマーケットが急成長するまでに。今回は、今では全国からも人気を博すほどとなった福島の「手作りマルシェ」についてご紹介します。

手作り作品の市を開催することで町おこし。

img_36

出典元 : http://www.arukunet.jp/eventinfo/41660/

福島県で手作りマーケットによる町おこしに取り組んでいるのが、一般社団法人手作りマルシェです。福島県への観光客の誘致と、仕事の創出、さらには避難所生活の高齢者の生きがい創出のため、手作り雑貨の販売拠点を提供しています。特に福島県の特産の野菜や果物を使った手作りスイーツの製造販売では大きな収益を上げています。始めは福島の魅力発信のため福島県内各所で開催していたこの手作りマルシェ。現在は県内外を問わず全国の手作り作家がこのマーケットに参加しています。

福島の魅力ある農産物を、手作りスイーツがアピール

img_37

出典元 : http://www.arukunet.jp/eventinfo/41660/

依然として風評被害が県内の農家を悩ませています。震災前と変わらず安全でおいしい福島の作物の出荷が伸び悩んでいるのです。そこで農作物を手作りスイーツに製造加工し、新たな付加価値をつけた商品を作り上げました。また、仮設住宅住まいを余儀なくされている方もまだいなくならないのが現実。そのなかには高い手工業の技術を持った方も数多いのです。手作りマルシェでは、彼らの生産能力を手作り雑貨の製造という形にして生かしています。これによってイベントでの展示販売で収益を上げるとともに、仮設住宅での暮らしに生きがいを感じてもらおうというものです。

更なる進化を遂げていく手作りマルシェ

img_38

出典元 : http://item.rakuten.co.jp/hajimeppe/an-002/

手作りマルシェは福島県を手作り作品の聖地とするという大きな目標に向かっています。まずは音楽アーティストを招いてのライブです。参加客にとっては、商品を品定めしながら音楽鑑賞ができて楽しいはずです。それに、アーティスト側としては、大勢の方に自分の音楽を聴いてもらうことで売り込みのチャンスになっています。また、ただ作品を販売するだけではなく、作品を評価する企画「Art’s and Craft’s Award」も実施。このように手作りマルシェの内容は年々厚みを増しています。

福島の復興をきっかけに、全国規模のイベントに成長

マルシェを開くことで一度にたくさんの人の気持ちをつなぐことに成功しました。日頃の生活の中では関わることのない分野でも、こういった機会があれば新たな発見ができるはずです。また、互いに刺激をしあうことで品質の向上も見込めることでしょう。

http://f-tezukuri.jimdo.com/
一般社団法人手作りマルシェ公式ホームページ

この記事に関連するワード

この記事に関連する記事