地方創生事例、地域活性、仕事創出「ランサーズ エリアパートナープログラム」

お知らせ・セミナー告知 エリアパートナープログラムについて、お知らせとセミナー情報などの告知ページです。

img_05

出典元:http://blog.livedoor.jp/hamanasu2311/archives/39366557.html

「総合特区」とは、地域を限定して法令を緩和することで、特定の事業を目的とする事業者が仕事をしやすくするようにしたシステムです。富山県は今まさにわが国が直面する高齢化、子供や障害者の住居の確保の難しさ、さらには障碍者就労に対して、福祉の総合特区として、「富山式グループホーム」を提供しています。事業所を拡大することで介護就労者を増加させ、経済効果も期待されています。

多様な被介護者を集め家族のような環境を

img_06

出典元:http://namerikawa.blog38.fc2.com/blog-entry-3269.html

今までのグループホームや通所型介護施設の問題の一つに、まだ身体の機能の残っている入所者であっても、十把一絡げに被介護者という立場で固定されることで、より機能の衰えが進行しやすく、また生きがいにもつながらないというところがありました。 そこで富山式グループホームでは、高齢者、障碍者、子供を一つの場所で居住してもらい、家族のような多様な年齢、能力を持った要介護者が集まることで、生きがいを感じてもらえるようになっています。

障碍者が有償でホーム職員を手伝いつつ就労訓練

img_07

出典元:http://toyamagata.jugem.jp/?cid=5

さらに、グループホームに障碍者向けの作業スペースを提供することで、ここを拠点としての障碍者就労の活発化を期待しています。 障碍者が就労支援を受けながら、隣接する高齢者介護施設との居住空間をともにし、就労支援とともにスタッフとして働く生活を送ることで、社会生活を能動的に営む能力を有した障碍者を多く排出することを目的としています。障碍者の居住空間の問題と、就労に対する課題を同時にアプローチする試みです。

法整備による、介護の職場環境改善や障碍者就労促進

img_08

出典元:http://www.geocities.jp/kono_yubi/main.htm

小規模事業所にも、障害者を雇用した場合に就労報賞金が出ます。障碍者雇用を月あたり6人以上という今までの要件から、月あたり2人以上と緩和されています。介護事業に参入する業者を積極的に誘致するために、NPO法人に対し、不動産や自動車の取得に対して、税を減免する制度も整備しています。 地域共生加算の創設や、指定事業所と同様の加算適用によって入所者のQOLを充実する一方、職員の負担は大きい富山式グループホームの職員の給与水準の向上を図っています。

まとめ

富山県全域を総合特区として、入所者は住みやすく、また今後の人生に対して目標持てるようにし、介護職員として従事する者にとっても、良好な労働環境を提供するという、福祉のリーダー的土地柄を富山県は目指しています。

富山県の掲げる数値目標、障碍者の福祉的就労者数50人、富山式デイサービス事業所数140箇所、認知症高齢者と居間を共用する障碍者40人。いずれも平成28年度に達成を目指す。

この記事に関連するワード

この記事に関連する記事