地方創生事例、地域活性、仕事創出「ランサーズ エリアパートナープログラム」

お知らせ・セミナー告知 エリアパートナープログラムについて、お知らせとセミナー情報などの告知ページです。

https://snap-photos.s3.amazonaws.com/img-thumbs/960w/2X9RCLYPE4.jpg

地方創生事例:画像出典元

地方ではたらいて、地方で暮らす―。それは、若い世代が離れていくことを防ぎたい地方の市町村にとって、大きなテーマです。 若い世代の中にも、同様の希望を持っている人は多くいます。しかし、仕事がないために都会まで長距離通勤をしたり、住んでいる場所を離れたりという選択をせざるをえないのです。
そういった状況を変えるかもしれないと期待されるのが、「クラウドソーシング」です。 通勤する必要がなく、住んでいる場所を変えることもなく、仕事ができる可能性があるクラウドソーシングは、地方創生のきっかけとなるかもしれません。

地方が抱える「仕事がない」という問題

地方で暮らそうと思ったとき、ネックとなるのが「仕事がない」という現実です。
多くの求人を抱える企業は大都市に集中しており、就職のために地方を離れなければならないという状況が多くあります。 地方にある求人は、業種としても限られていることが多く、違う業種にチャレンジしたり、キャリアアップしたりすることが難しいという現状も存在します。
生活するのは、地方がいい。そう考えていても、仕事がないために地方を離れなければならないというのが、働く世代が抱えている問題のひとつです。

クラウドソーシングサービスが雇用を生み出す

https://snap-photos.s3.amazonaws.com/img-thumbs/960w/4W49RQRL0Y.jpg

地方創生事例:画像出典元

そんな「仕事がない」という状況を打破するきっかけとして期待されているのが、クラウドソーシングサービスです。ネット上で仕事の受注・納品を行えるシステムは、場所を問わずに働くことを可能にします。
つまり、地方にいながらにして仕事をするということが実現するのです。自宅で働くことができれば、都会まで通勤したり、住みたい土地を離れたりする必要性もなくなります。
場所を問わないクラウドソーシングサービスは、地方に新たな雇用を生み出す可能性を秘めているのです。

コワーキングスペースという新しい職場

http://sekatabi.net/wp-content/uploads/2014/12/co-working.jpg

地方創生事例:画像出典元

クラウドソーシングサービスの普及と同じくして注目を集めているのが、コワーキングスペースです。コワーキングスペースは、ネット回線と電源が使える環境を完備し、個人オフィスとして使うことができるのが特徴です。 働く場所として利用するだけでなく、勉強会やイベントなどを行っているところも多くあります。
自宅で働くだけだと、他者との交流は限られてしまいます。 しかし、コワーキングスペースを利用することで横のつながりができ、新たな仕事を生み出す可能性も出てくるのです。
地方にはまだまだ少ないコワーキングスペース。 クラウドソーシングサービスの普及とともに、その存在が広がれば、地方での新たな可能性が出てくるかもしれません。

クラウドソーシングの地方創生事例まとめ

地方で暮らしたいのに、暮らせない。その現状を、クラウドソーシングサービスが今後変えていくかもしれません。 これから、地方でももっと普及していけば、地方で暮らす人の数は増えていくのではないでしょうか。今後の普及に期待したいところです。

この記事に関連するワード

この記事に関連する記事