地方創生事例、地域活性、仕事創出「ランサーズ エリアパートナープログラム」

お知らせ・セミナー告知 エリアパートナープログラムについて、お知らせとセミナー情報などの告知ページです。

http://www.town.sakae.chiba.jp/cms/data/img/11-1378862008_81.jpg

地方創生事例:画像出典元

千葉県栄町の木塚転作組合では、水田を大豆に転作する事業を地域おこしに活用しました。特徴的なのが、オーナー制度という今までにない方法で収益を得るシステムを作り上げたことです。農家にとってもやりがいがあり、オーナーとなった一般の方には、収穫の楽しみとおいしい黒大豆が味わえる、両者が得をするシステムです。

オーナーは手小規模の畑を入手でき農家には収益が

http://www.maff.go.jp/kanto/nouson/sekkei/kokuei/inba/rekishi/img/kurodaizu.jpg

地方創生事例:画像出典元

このオーナー制の仕組みは、まず枝豆がとれるまで地元の農家が丹波黒大豆を育て、その畑のオーナーとなることを希望する人に、畑の区画を一口当たり 5000円で(のちに6000円に値上げ)1年間分乗します。そして収穫はオーナーが自らの手で行うというわけです。

このオーナー制により、農家には畑の面積一反あたり、オーナーからの売り上げが約150000円、県や市からの助成金が約90000円、合計 240000円が手にはいります。これは、稲作と比較しても大きな収益です。

直接一般人に売り込むアイデアが効を奏す

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hi-zakky/20151011/20151011003356.jpg

地方創生事例:画像出典元

そもそもオーナー制が生まれたきっかけは、コメの水田をただの大豆耕作に転作するよりも、プレミア感のある京都の丹波黒にしようということになったことが発端です。しかし地元の農協は、珍しい種類であるこの丹波黒を引き取ってくれませんでした。そこでオーナー制によって直接顧客に売ろうとしたのです。

このシステムはオーナー側にもメリットが多く、高級大豆である丹波黒が市場価格の1/3で手に入る計算になりますし、収穫の楽しさ、たわわに実る枝豆を見ながらピクニック気分で週末を楽しめる、などのメリットがあります。

黒丹波豆が新たな町の産業へ成長

f0193752_116743

地方創生事例:画像出典元

収穫はオーナーの仕事ですが、大豆を育てるのは地元農家の仕事でありますので、地元で大豆農を始める農家の増加にもつながりました。さらには栄町名物として、この丹波黒大豆を用いて作ったみその加工販売も始まりました。はじめは、休耕地転作の助成金の受け取りの手段として始まったこの実験的なオーナー制度が、現在では栄町の地域おこしとして発展したのです。

今まであまり農業に親しみのなかったオーナーと触れ合うことで、農家の方にもやりがいと刺激が加わります。取引き先と顔が見えて喜ぶ声も聞けるというのは、モチベーションアップにつながるのです。

栄町の地方創生事例まとめ

黒大豆を農家が収穫寸前まで育て、オーナーに畑を分譲して収穫してもらうというのが、栄町のオーナー制度です。一般人が農業に参加しつつ、格安で収穫の喜びを味わえるビジネスは魅力的です。そこには国民の多くが農作業に関わっていた時代に再び回帰する潮流も見えます。

栄町産業課農政推進班

この記事に関連するワード

この記事に関連する記事